みんなの預金
定期預金のすすめ
定期預金はキャンペーンがチャンス
定期預金とは
様々な種類の定期預金
定期預金の利点と注意点
定期預金の上手な利用法
定期預金を始める前に
普通預金について
きちんと知りたい普通預金
普通預金の特徴
普通預金口座で出来ること
各銀行の普通預金の特徴
預金保険制度について
普通預金で知っておくべきこと
外貨預金とは何だろう
最近注目の外貨預金
外貨預金とは?
外貨預金のメリット
外貨預金のリスク
外貨預金の始め方
外貨預金で知っておくと便利なこと
普通預金について

預金保険制度について

銀行にお金を預ける際には必ず知っておくべき、預金保険制度について説明します。知っている人も多いと思いますが、日本には預金保険機構というものがあり、万が一銀行が経営破綻した場合は1人1000万円まで補償してもらえます。この制度は各銀行が加入し、保険料を支払っているものです。銀行にお金を預けた時点で自動的に預金保険がかかるので、預金者が手続きや保険料の支払いをする必要はありません。

しかし気をつけなければならないのが、補償の対象になるのは1口座1000万円までではなく、1人1000万円までだという事です。ですから、1つの銀行に定期預金を含め複数の口座を持っている場合は、合わせて1000万円までしか補償してもらえません。銀行に預金をする時は、合計金額が1000万円を超えていないか、よく注意しましょう。

1000万円以上のお金を預けたい人には、決済用預金というものがあります。これは利息が付かない預金ですが、銀行が経営破綻した時には全額が補償されます。しかし1000万円を超える資産がある場合に一番お勧めなのは、複数の銀行に分けて預ける事です。これなら利息をもらいつつ、万が一のときも全額補償してもらえます。また資産が1000万円より少ない人でも、複数の銀行に口座を持つ事をお勧めします。銀行が破綻してすぐに補償を受けられるとは限りません。補償を受けるまでの間、まったくお金を引き出せないのは困るので、メインバンクとは別の口座を作っておくと良いでしょう。



© 2014 みんなの預金 All Rights Reserved.